自学自習のできる子供に育てる 西奈良アカデミー

お問い合わせ・お申込みは 学園前校 tel 0742-51-1300 奈良校 tel 0742-93-7340

資料請求・お問合せ

奈良校

全員一致団結で頂点を目指す一人ひとりの志望校合格プロジェクト

指導方針

特徴

募集要項

体験談

指導方針

将来の高校受験を目指す小学生は、入学後早くて2ケ月で学校のテストで100点を取ってきます。子供たちが100点を取ってくるのはあくまでも結果。入学後、数ヶ月たつとまず子供たちは自信満々の表情で、小学校の授業で先生の質問に全て答えて帰ってきます。まず、自分に自信をつける⇒学校のテストで算数・国語で100点を目指す。学校の教科書を先取りし、並行して塾の教材でハイレベルな学習をしていきます。
西奈良アカデミーの受験学年は、自習室で授業以外に月100時間を越える自習をしています。私たちは『授業は勉強ではない』と考えています。自主学習時間こそが本当の勉強なのです。我々はその間に勉強の方法を生徒に伝えていきます。
また、授業についても他塾のようにシーンとした、先生から生徒への一方通行の授業ではありません。授業中いつでも質問できる雰囲気が生徒のやる気と競争心をかき立てます。1クラス8〜15名の少数精鋭クラスで、学生講師は一人もいません。
クラブで遅れてきても授業終了後の補習や土曜日・日曜日の補習などで十分に補える体制をとっています。
是非、クラブ活動と両立しながら三笠中学で常に上位を独占している西奈良アカデミーの授業を体験してみてください。

小学校四年生指導方針

人間の脳の発達は、小3で止まってしまうと言われています。また、勉強の習慣がついている子とそうでない子のギャップが徐々に広がっていく学年です。 高学年になるにつれて反抗期にもなりますので、この学年でしっかり、これが普通のことなんだよ。と教え込む非常に重要な時期となります。学年を飛び越えるような先取り学習の必要はありません。その学年に相当する学習を徹底的におこなう方が重要です。

小学校五年生指導方針

小学5年生の子供たちの知的発達は驚くほど急ピッチです。塾に通い始めるとテストの結果に無関心であった子にも競争心が出てきて、何かを知ろうとする知識欲が旺盛になります。また、小学校過程で最も重要な単元を学ぶ学年です。当塾では基礎学力の強化をはかり応用力の習得を目標として指導していきます。学年を飛び越えるような先取り学習の必要はありません。その学年に相当する学習を徹底的におこなう方が重要です。

中学一年生指導方針

中1こそ高校受験の学習態度を作る基礎となります。
中1生の通塾している子とそうでない子の勉強姿勢・生活態度の違いは歴然。
塾は、勉強だけを教えているわけではありません!

学習面においては、この時期に英語・
数学につまずいてしまうと、2年・3年
になってから遅れを取り戻すのが
とても困難です。ですから中学の勉強
の基礎となる英語・数学を得意科目に
することが志望校合格への第1歩といえ
ます。そこで当塾では、塾生がこれらの
科目を「好きな科目」そして「得意科目」
になるよう指導し、中学生としての学習
態度を身につけさせていきます。また
生活面においては、クラブ活動との両立
を考えた時間割となっています。

中学二年生指導方針

中2は受験の核になります。  
中2で習う範囲が入試では6割を占めています。中2でさぼると中3で苦しい思いをすることになります。受験校を決定する中3での模擬テスト範囲の80%は中2・中1での学習領域です。
「中学2年は入試のヤマ場。」理想は高く、志は強く。合格に向けての基礎固めは中2分野の完全征服から始まります。内申点が入り始めるこの学年を自分のものにすれば、入試分野の80%は征服できます。そのため学習面においては、全単元の完全征服を目指し、1年時よりさらに演習を増やし、中3に向けて完璧な状態で臨めるようにしていきます。そして受験校の目標を定め、成績向上に欠かせないライバルたちとの切磋琢磨に努めます。また生活面では、中だるみになりやすいといわれる学年なので、中学生活に対する慣れを戒め、生活態度も厳しく指導していきます。

中学一年生指導方針

追い詰められると本来の性格が現れる。
最後は、精神力が勝負。生徒との二者懇談で、最後まで頑張らせる!
中学3年間の総まとめの試験で高得点をとるためには、1年生からの積み重ねが大切なのは言うまでもありません。しかし受験校決定に最も重要な模擬テストは、3年生の10月・11月に実施される模擬試験です。このテストで高得点をとるためには一日でも早く受験生であることを自覚し、受験勉強に入ることです。当塾では内申点の確保のために、定期テストを優先させながらもたえず入試を念頭においた課題を与え、9月までに中3の学習内容をほぼ終了し、10月以降は入試対策カリキュラムに移行し、模擬テスト対策も兼ねていろいろな問題にチャレンジし真の実力を培っていきます。またハイレベルなクラスでは、高校学習内容まで学習し難関校の入試問題に対応できる学力を養っていきます。最後の総仕上げとして、冬期講習会以降はより志望校に応じた実力の完成を目指します。